LINK

中古車の買い取りにおいて流行しているのがオークションでのトレードなのですネットオークションの長所はまず、下取りに出す時よりも高い価格で売れるという点です。

自分が売る予定の車の市価を理解した上でもっと高く売りたいと思ったのでしたらオークションで売買することでさらに大きい値段で処分するということができます。

ただしやや手間がかかるのが負担になるかもです。

個人でネットオークション出品するのであれば、一般に言われるモバイルオークションなどを使うのではなく、中古車専門サイトや中古車専門のお店が多く使っているホームページでオンラインオークションに出品する方が好ましいです。

サイトを活用すればいろいろな雛型が用意されていますからそれらを使って記載するだけで手軽に出品準備が整います。

ネットオークションに出品するクルマはその写真が重要です。

写真を手掛かりに意思決定をするのです。

自動車の写真は車両の外見はもちろん、カーテレビ、油温計等のインテリアも詳細に撮りましょう。

また、自動車の出品した後のクレームを可能な限り防止するひとつの方法として傷やへこみよごれなどがあればそれも詳細に写真を見て見てわかるようにする必要があります。

自動車も同じです。

さらに、説明をする必要があるポイントとしてカーテレビやマフラー、ドライブシャフトやテールランプ、サスペンション、ドアミラーなどの車外装備品がある状態であれば詳細に掲載をしてその写真を用意しておきましょう。

このようなレーダー探知機や車高調、3連メーター、ラジエーターやマフラー、テールランプ、ヘッドライトカバーなど社外パーツは人によっては、それなりに喜ぶ方も多いです。

ネットでのやり取りの中で自動車を売却した後のクレームを可能な限り抑止するテクニックのひとつとして修理をした痕や車検切れが過去にあれば、漏れなく詳細に記載するようにする必要があります。

自ら競売を利用するということがハードルが高いならインターネットオークション代行業者という業者がいますので、業者ににお願いするという方法も考えられます。

これは普通の競売ではなく自分の愛車を専門業者が集うネットオークションに出品して売っていただくという形になるでしょう。

自動車の査定相場が一般の買取相場とは違い専門業者間の相場ですから普通の競売よりは高い金額になる場合が多いです。

オークションサイトを代行してくれる業者の手数料を引いた後で車の売却額が決定しますので、オンラインオークションを代行してくれる業者の中身や取引マージン次第で、オークションに比べて結果として少し値段が安くなることもあるのです。

こちらのオークションサイトの場合は競売代行業者の力での影響が大きいですから信頼できる業者に頼むということが重要なポイントになります。

オンラインオークションでの意見の相違については委託することになるので実際に低くなっています。

どのインターネットオークションの形でも言えることですが所有する車に関して具合の悪いこと(傷、へこみ、故障歴など)を公表しないでおくと減額されたり場合によっては訴訟問題になることも考えられます。

自らの処分する自動車のことはきちんと開示するようにする必要があると思います。