LINK

どこにでもある初めての方向けの外国為替証拠金取引の情報では、「損をしたケースではナンピンすることでポジションのコストを抑える事ができる」と助言されている事もありますが正直これには相当の危険があります。

まずは、ナンピンの手法に関してとても簡単に述べておきます。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。

ドル買いですので、円安に動くほど黒字が出ますが、不幸にして1ドル95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。

その場面でポジションを維持し続けたら利益がでるためには円高になった分、ドル高に動く必要があります。

投資家であれば、赤字は出来るだけ早く戻したいと願うだろう。

ここではじめに売買したのと同じ量の$(ドル)を、95円で買い増します。

これで、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

つまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと損を失くすことが出来ます。

それが、ナンピン買いの理屈です。

このとおり、ナンピン買いのやり方をみると、「もっともだ」という風に思うが、市場はそう易々と思い通りにはいきません。

元々、1ドル95円以下にならないとは、誰一人として分かるわけがありません。

為替相場がかなりのドル安傾向であるならば、1ドル=95円では収まることなく、ドル安に向う危険性は高いです。

仮定として、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションについても為替差損が生まれてしまいます。

それでは、初めにエントリーしたドルと合わさって、二重の損失が生まれます。

この通り、ナンピンは一筋縄でいきません。

であるなら、市場が己のストーリー展開とは別の方向にさっと進む場合、どの手段で危険を回避すればいいのでしょうか。

選択する選択肢は2つだけあります。

最初のひとつはあきらめて損切りをすること。

もうひとつの方法としてはその時に、自分か保有している買いポジションを小さくする事で改めて市場が元のようになるのを何もしないで待機する事です。

ずいぶん弱腰のやり方だと思う方もいるkもしれません。

だがしかし、持っている買いポジションに差損が生まれた時、最もリスクが低いやり方はそれ以外には期待できない。

言うまでも無く、机上では、ナンピン買いという考え方もあるように思える。

しかしながらナンピン買いはあなた自身が損失を出しているのにポジションを小さくするどころか反対にポジションを積み増していく手法です。

この方法では、危険を回避することなど、どう頑張っても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続けられればやがては勝てるかもしれない。

だが、それより前にお金はショートしてしまいます。