LINK

一般的に任意保険とは強制保険としての自賠責保険とは別に、自賠責保険の範囲内で補えない補償を考慮している重要性の高いより充実した保険です。

この任意保険。

自動車損害賠償責任保険の上乗せということで働きますので、自賠責保険で補える支払い限度額を上回った際に登場します。

それから自賠責保険の中では物に対する損害に対しては保証されていないので、そこのところを補う場合はさらに任意保険にも入っておくことをお勧めします。

もう任意保険を支払っている車を手放す場合は国産メーカーの自動車でもアメ車などことは例外なく残金が還付されます。

これは日本の自動車を廃車にする場合も例外ではありません。

自賠責保険基本的には加入したままでいるのが常識になっていますが任意保険の場合、全員が加入する保険ではないので、キャンセルということになります。

そして、キャンセルしたあとは、納めている残存金額が返金されることになります。

車の買取が決まった場合でもすぐに任意保険を解約することはリスクがあります。

当然、すぐにキャンセルすればそれだけ返還される保険料は増加しますがもし中古車買取のお店が遠くにあるため、自分で乗っていくような際は任意保険に入っていない状態で自動車の運転をする必要があります。

万が一のリスクを考慮して、絶対にもう自分で車の運転をしない状況になる時まで任意保険の解約をすることのないようにする必要があります。

車を手放して、すぐに新たな自動車を購入する場合でしたら良いのですが、仮にずっと車に乗らない状態が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険未加入の時が存在する場合、過去に続いていた等級が下がるため、保険料の額が増えてしまいます。

こういった状況では「中断証明書」を発行してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」があれば一定期間、中断前の等級を引き継ぐことができるのです。

また13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますのでもしもすでに自動車を売却済みで「中断証明書」を提示されてもらっていないのならば、その保険会社や代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

仮に自分が新しくクルマを購入することになって購入後に以前乗っていた自動車を買取してもらうのであれば、契約は一方のみのとなります。

更新という対応になるため、運転しなければならない自動車だとしたら処分までにはこのことを頭に入れておかなければなりません。

そして、任意保険は車種で価格がそれなりに違ってきますから、クルマ売却のさいは任意保険を検討する良いタイミングなのです。